オーダースーツ


酒と肉と服好きな店長田平が
おしゃれな30代メンズコーデを更新してます♪

@alc1231



150cmの低身長女子でも大人可愛く着られる
コーディネートを日々更新♥

@alc1226



イージーオーダースーツの解説&出来上がりまでの流れ

オーダースーツが出来るまで

今回は、【イージーオーダーって何ができるの?】という疑問にお答えしていきます。

 

オーダースーツは自分だけにフィットする世界にたった1つのスーツ。

特別な日や普段の自分をより魅力的に演出してくれます。

 

しかし、そんな魅力的なオーダースーツですが、いざ作ろうとすると。。。

 

・どの店を選んだらいいか分からない。。

・どうオーダーするのか。。

・敷居が高そう 。。

・料金のシステムがわからない。。

・イメージ通りにできるのだろうか。。

 

上記のような不安を覚える方がたくさんいらっしゃるかと思います。

 

今回はそんな方々に、少しでも不安を取り除けるようにスーツが完成するまでの流れを5ステップでご紹介していきたいと思います。

 

 

STEP1|カウンセリング

カウンセリング

まずはじめは、カウンセリングです。

 

カウンセリングではどんなことをお聞きするかというと

・用途(結婚式等のイベント・ビジネス使用など)

・ご希望のカラーや柄など

・ご希望のシルエットや雰囲気(ぼんやりしたイメージでも構いません)

etc…

などをお聞きしていきます。

 

上記のような聞き取りをすることで、フィッターにお客様のイメージやご要望がしっかり伝わります。

→フィッターと情報をシェアすることでご自身がイメージするスーツに近づけていきます。

 

これがいい!というものがない方もご安心下さい。お話の中でフィッターがうまく引き出していきます。

(少しでもご不明・ご不安な点があればいつでもお気軽にご質問ください。)

 

1人では不安な方も、ご友人やご家族、お連れ様同席でもかまいません。

お連れ様とご一緒に相談しながらスーツを作りに見える方はたくさんいらっしゃいますよ。

 

 

STEP2|生地選び

生地選び

カウンセリングが終わると続いては生地選び。

カウンセリングの内容を考慮してフィッターが生地を数点ピックアップします。

 

お客様が気になった生地とフィッターの提案した生地を合わせて決定をします。。

妥協せずにしっかりと気に入った生地を選んで頂きます。

 

生地見本

上の写真は生地見本です。

写真のような生地見本から好みの生地をいくつかピックアップします。

 

アルコットでは、オリジナルの国産生地の他に【Ermenegildo Zegna/ゼニア】【REDA/レダ】といった歴史あるインポートメーカーの生地合わせて約700種類以上をご用意しております。

「そんなにあったら絶対決められない。」と思われますよね?

 

最初はそうおっしゃる方もしっかり決められます。

フィッターがカウンセリングを行った内容からお似合いになる生地を導き出しますので大丈夫です!

 

 

買い付け生地

フィッターが数千種類ある生地の中から自ら買い付けたインポートの生地もございます。

幅広い選択肢の中の1つとしてこちらもいかがでしょうか?

 

気に入った生地が見つけられるかご不安な方は是非生地だけでも見にいらしてください。

 

 

STEP3|ボタン・裏地選び

ボタン・裏地選び

生地を選び終えたら、ボタンと裏地を選びます。

 

当店で選べるボタン・裏地

・シンプルなもの(無地の茶色、黒、焦げ茶など)

・色、模様の入ったさり気ないオシャレなもの(マーブル、うっすらとした模様)

・しっかりと個性があるもの(貝殻ボタン、レザーボタン、べっ甲)

と、お客様のご要望に沿えるように多くの選択肢をご用意しております。

 

【裏地】

無料から有料まで100種類以上の裏地から選べます。

見たこともないような柄の裏地も豊富にご用意しています。

 

ちなみに僕はジャケット、ベストの背裏の生地をシルバーのペイズリーで作りました。

結婚式に着ていくと久しぶりに会った友達から「シャレてんなー」と必ずツッコまれますw

 

【ボタン】

90種類以上あります。

生地やイメージに合わせてお選び頂けます。

(Ermenegildo Zegna(ゼニア)はオリジナルのボタンと裏地のご用意もございます。)

 

 

ボタン選び

お客様が完成後のイメージをしやすいよう、フィッターがサンプルで作ったスーツをお見せしながらボタン・裏地を選んでいただけます。

 

裏地選び

生地をあてながらどのボタン・裏地が選んだ生地にマッチするのか、サンプルのスーツもご用意があるのでは参考にして決めていきましょう!

 

 

STEP4|ディテール&スタイル選び

生地・ボタン・裏地を選び終えますと大体完成後のイメージがぼんやりと浮かんできます。

 

ここからはイメージをより明確にするため、スーツの細かなディテール&スタイルを決めていきます。

 

・英国紳士っぽくオシャレにしたい

・さわやかな印象にしたい

といったご希望のスタイルにするため、背仕様(ベント)の選択、襟幅、ウェストポケットの角度、袖口など1つ1つのディテールを相談しながら決めていきます。

 

ディテール1つ1つがどんな意味、効果を持つのかをご説明しながら進めていきますのでご安心ください。

 

ちなみに当店ではバルカポケットや本穴本開きを気軽に選択してもらえるよう特別価格にて提供しています。

(バルカポケット)

バルカポケット

ポケット口が太く斜め右上がりになった華やかに見える胸ポケット。

 

(本穴本開)

本穴本開き

既製のスーツには無い、ボタンが開けられる仕様。

またボタンホールのセッパと呼ばれる部分の刺繍糸の変更も可能です。

 

オーダースーツならではのディテールを選ぶことでもれなく「おしゃれ、かっこいい~」なんて周りから思われちゃいますよ!

 

 

STEP5|採寸&補正

肩幅採寸

最後は採寸です。

ここでお客様のサイズ感、体型のクセをチェックしていきます。

 

この体型のクセや合うものを見極める力がフィッターは求められます。

 

ウエスト採寸

メジャーでお客様の肩幅をはじめ、袖丈、胸囲、胴、ヒザ、裾など、あらゆるパートを細かく測ります。

 

ゲージ服

メジャーでの採寸が終わると続いてはゲージと呼ばれる採寸用サイズ見本のスーツを着用してもらい、各所のサイズを詰めたり伸ばしたり調整していきます。

 

より正確に失敗が少なくお客様の体型にフィッティングしたサイズのスーツを仕上げることができます。

 

※オーダーシャツをご希望の方は、フィッターにお伝えください。

オーダーシャツを詳しく知りたい方はこちらよりどうぞ

サイズが合わない!体型にフィットするYシャツを春日井でオーダーするなら

 

いかがでしたでしょうか。

採寸が終わると皆様大体の方がいいスーツができるイメージが湧いてきたとおっしゃって頂けることが多くあります。

 

あとは金額のベースがどれぐらいなの?など詳しく解説したブログがございますのでそちらをご覧ください。

 

他にも国産のこだわりやイージーオーダーの説明、実際の制作事例などもご覧頂けますのでご参考までにどうぞ。

Alcottのオーダースーツ/国内縫製¥38,000~

 

「子供の入学式で着るしっかりとしたスーツがない。」「友人の結婚式の友人代表のスピーチを頼まれた。」

ある程度の年齢になればそれなりのスーツを持っておきたいものです。

 

ご興味があれば春日井にあるオーダースーツ専門店Alcottにご来店下さい。

 

質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。




Alcott公式インスタグラム

第一印象のイイコーデやモテコーデ、トレンドコーデを提案!
新作や雑誌掲載アイテムなどをUPしています♪

alc1231(Men's)
alc1226(Lady's)


Alcott/アルコット ライフスタイルをプロデュースするセレクトショップ

愛知県春日井市如意申町7-1-11
TEL 0568-31-2211
OPEN 11:00~20:00
CLOSE 水曜日(祝日の場合は営業)

WEB SHOP
HOME PAGE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。